【解説】ハイトーンが魅力!04 limited sazabys GENの歌い方【歌声分析】

【解説】ハイトーンが魅力!04 limited sazabys GENの歌い方【歌声分析】

2018 1/18 Zepp Tokyoでsquall tourのワンマンを生で見てきたので、

前々から気になってるフォーリミのベースボーカル、GENさんの歌い方や歌唱力について書いていきたいと思います。


フェスでは何度か見たことあるんですけど、ワンマンは初めてで、

さらにZepp Tokyoという、でかいライブハウスみたいなところもあって、モッシュとダイブがすごい多かった。


おかげでダイバーに顔を蹴られて唇血まみれになるわ、

メガネがへし折れるわ、で散々だったんですが、めちゃくちゃ楽しい思い出になりました(笑)


へし折れたメガネは、その場のノリと勢いで投げ捨てたら、周りの人たちから謎の拍手が(笑)

後々考えたらメガネバキバキになって危ないんだろうなーと、反省です。


余談は置いておいて、04 limited sazabysのGENさんの歌声分析をしたいと思います。


フォーリミの武器であるハイトーン

フォーリミの楽曲の良さと言えば、キャッチーなメロディとノリ、そしてベースボーカルであるGENさんのハイトーンボイス。


元々小柄な(161cm)体型なので普通の人より高音がめちゃめちゃ出ます。

聴いてて気持ちのいい音域ですよね。


代表曲のswimだと地声最高音がhiC#で裏声最高音がhiEまで出ていて、

最近出たsquallですと地声最高音がhiD#で裏声最高音がhiF#まで出てます。


下手したら男性の平均音域の1オクターブぐらい高いですw

(男性の平均地声音域はmid2Gぐらいって言われてます)

ちなみに聞いてる感じでは地声の張り上げなので、ミックスボイスではないですね。



正直、発声は良くない

ライブ映像や、フェスで実際に見に行ってみると、歌ってる本人も結構苦しそうだったり、高い声が出てなかったりしてるんですよね。


よくファンの間では

GENの首筋がやばい、セクシー、って話題になったりしてますが、

実は首筋に力が入っていてあんまりいい状態ではないんです。

(苦しそうってツイートしてるファンもいました)

本来脱力しないと響きのあるいい声というのは出ません。


力みすぎるとすぐ喉が枯れたり高い声がキツくなるので、

シンガーとしてはもうちょっと頑張って欲しいところではあります。


さっきも言いましたが、小柄な体型のおかげでハイトーンが出てるだけなので、これからずっとこのままで歌い続けるのは、1ファンとして心配ですね。


後は、フォーリミが公式でYouTubeに投稿しているツアーの動画で、

GENさんがストレッチをしてるシーンがあったんですけど、体が硬い。


全然前屈出来てなかった(笑)

ライブの打ち上げで朝までお酒飲んだり不摂生が祟ったんでしょう…。


ちなみに、体が硬いと良い声が出ません。

詳しくはこちらの記事で紹介してるので見てみてください。


GEN、ボイトレを始める?

2018年 1/16のGENさんのインスタのストーリーに、新年会で撮ったであろう

TMRの西川貴教さんと

僕の尊敬してやまないカリスマボイストレーナーのりょんりょん先生との

3ショットがアップされてたんですよね。


りょんりょん先生はシドのボーカルのマオさんや、UVERworldのTAKUYA∞さん、flumpoolの山村隆太さんなど、

僕の大好きなボーカリストのボイストレーニングを担当してるすごい人です(笑)


大体自分の好きなアーティストのボイトレ担当してます。

(調べたらもっとたくさんのアーティストの名前が出るよ!)


そしてGENさん本人のTwitterでも、

今年こそ絶対ボイトレに行きたい、と呟いていたので、きっとりょんりょん先生のところでボイトレを受けるんだと思います。

ボイトレしたら絶対に化けますね。

もっと地声の音域伸びるんじゃないでしょうか。


もう成果が見え始めている?

2018 1/18のフォーリミsquall tourのワンマンで実際に聞いてみたところ、

前にフェスで見た時より苦しそうに歌ったり、高い声が出てなかったり、っていうのがなかったんですよね。


後半は僕のメガネが大破して、苦しそうな首筋は確認できなかったのですが、

聞いた感じ、声は少し枯れてるくらい。

もしかしたら多少ボイトレはして成果が出ているのではないでしょうか!?


終わりに

フォーリミは僕の大好きなバンドの1つなので、

これからも故障せず、末永く頑張ってほしいなと応援しています!


それとライブ中やカラオケでも歌いたいので新曲出すときはもう少し音域を下げてもらえたら助かります(笑)


それと、ライブキッズのみなさん、ライブで気遣い、怪我には気をつけて楽しんでください(笑)

アーティスト分析カテゴリの最新記事