【感想】趣味ブロガーが、心を動かす 無敵の文章術 をレビュー

【感想】趣味ブロガーが、心を動かす 無敵の文章術 をレビュー

 

正直、買ってよかったと心の底から思った。

 

自分はいわゆる趣味ブログ、というジャンルで1年程記事を書いてきたのだが、

書いているうちに、自分がどれだけ文章が書けないのか、毎回思い知らされる。

 

自分が思っている事を上手く文章に表現出来なかったり、

とにかく書くのに時間がかかったり……。

 

学生の頃から文系科目が苦手で、

高校生の頃は偏差値40を切っていた。

 

夏休みの読書感想文に至っては、

終始読んだ本のあらすじを書き綴る始末だ。

 

こんな文章に関して全く無知の自分には、

この本に書かれている内容が新鮮でとても勉強になった。

 

 

恐らく、

ある程度文章を仕事として書いてきた人達には、

どれも聞いたことある内容や、知っている内容ばかりで物足りないものかも知れない。

 

しかし、文章を書く事に興味を持ち始めたばかりの人にとっては、

この本が文章を書く力のベースになってくれるだろう。

 

実際に今書いている文章も、

本書に書かれている事を意識して書いている。

 

 

はじめは『結論』から書く、や

小学生レベルの『語彙力』を使いこなす、や

である調や、です、ます調を統一する、など……。

 

 

まだ本書に書いてある文章術がしっかりと身についてはいないが、

今までよりはまとまった読みやすい文章にはなったはずだ。

 

まだ多少お硬い文章で、自分で書いてても窮屈なのだが、

これがしっかりと板についてくれば、

分かりやすく簡潔に、

そして、自分の個性が出てくる面白い文章が書けるはずだ。

 

 

昨今はSNSの発達により、

人の感情や思考が文章によって、多くの人の目に晒されるようになった。

 

特にTwitterでは、140字という制限がある中で

文章をまとめなければならない為、

難しい事を発信しようとなると、高度な文章力が必要になる。

 

なお、自分は情報を発信する側になることを意識すれば、

その難易度は想像出来るだろう。

 

もしあなたが高度な文章力を発揮して、

Twitterを使いこなしているのであれば、

皆すぐにあなたに教養を感じるはずだ。

 

本書には、

長期的に支持され続けるブログの共通点は、

『教養』を感じられることだ、と書いてあった。

 

教養と言われても抽象的で何を指すのかは難しいが、

あなたの文章を読んで、学を感じる、魅力を感じる、ということだろうか。

 

 

IMG_3399.jpg

本書の裏側の帯が分かりやすい。

 

 

 

少し極端だが、

文章力を上げるだけで、価値のある人間になれる、と自分は思っている。

 

本書を購入したのは2019年の2月で、

まだ1ヶ月しか経っていないが、

既に今年のブログのアクセス数が、去年の総アクセス数を上回っている。

 

(現在2019.3/9)

数字にすると9000アクセス程。

 

ブログの記事の内容が良かったのか、

文章力を意識し始めた結果からかは分からないが、

自分はこの本に出会えてとても良かったと思っている。

 

ブロガーや、アフィリエイター、
サラリーマンや営業マン、

 

頭には書きたいことがたくさんあるのに、
上手く文章に出来ない人や、

 

これから文章を書くことを生業にしようとしている人には、

とてもオススメ出来る1冊だ。

DTM/機材カテゴリの最新記事