音楽クリエイターで飯食いたい人はとりあえず見てくれ【Pixiv FANBOX】

音楽クリエイターで飯食いたい人はとりあえず見てくれ【Pixiv FANBOX】

昨今はCDが売れない時代になってきて、

音楽クリエイター達は、

音楽で飯を食うのがどんどん厳しくなってきています。

 

そんな中、時代は少しづつ変わっていって、

近頃はCD売上より

デジタル配信(ストリーミングやダウンロード)の売上の方が大きくなったみたいです。

 

 

定額制で音楽を聞くのも一般的になっていったり、

YouTube等の動画サイトの広告収入でお金をいただくビジネスモデル、

いわゆるYouTuberも登場して、

どんどんクリエイターの働き方、お金の稼ぎ方が多用になってきてます。

 

どんどん多用になっていく中で、

音楽クリエイターに嬉しい、新サービスも登場しました!

 

それが、Pixiv FANBOX

恐らくPixivというサイトを聞いたことある人も多いと思いますが、

そのPixivが新しく始めたサービスです。

 

PixivFANBOXの登場で変わってくるクリエイターの在り方や

生き方、とかの話が出来れば良いなと思います。

 

 

PixivFANBOXって何?

 

分からない人に簡単に説明すると、


pixiv FANBOXクリエイターの創作活動を応援することができるファンコミュニティです。

 

ファンがクリエイターを定期的に支援することで、

クリエイターが自由に創作活動を続けられたり、

新しいコンテンツ創出に挑戦したりできるようになります。

 

応援しているファンは、

限定コンテンツや最新情報を通じてクリエイターとより密なコミュニケーションを楽しむことができます。

PixivFANBOX公式引用


 

 

ファンから毎月一定額の支援が受けられるよ!

これで、あなたは創作活動に専念出来るよ!

みたいな感じです(笑)

 

最近良く見かける、

クラウドファンディングをもっとライトにした様な印象です。

 

クリエイターの新しい生き方

 

新しい生き方、というとちょっと大袈裟かもしれないです(笑)

基本的に自分たちがやることは変わらず、

物を創って人を喜ばせたり、感動させたりとかなので(笑)

 

ただ、Pixiv FANBOXの登場で、

フリーランスのクリエイターや個人的な活動をしている人達でも、

飯が食えて行ける世の中になるんじゃないかな、と思いました。

 

大抵の音楽クリエイターは、

事務所に所属して、コンペと呼ばれるものに参加して、

アイドルやアーティストに楽曲を提供するのですが、

 

毎回コンペで提供を勝ち取るのも大変で、

肉体的にも精神的にも厳しいです。

 

それにCDの売れない世の中じゃ、印税はめちゃくちゃ少なくて、

生活するのも困難になっているそうです。

 

PixivFANBOXでファンから支援があれば、

フリーランスの方がそれなりに生活が出来るんじゃないかと思います。

 

フリーランスじゃないとダメなの?と疑問を持つ方に説明すると、

事務所に所属している人は、

自分の作品を他の所に出しちゃいけない契約とかがあるので、

Pixiv FANBOXをやるにはフリーランスの方が向いてる。

 

もちろん契約によりけりなんですけど、

ネット出身の作家で無い限りはほぼほぼそういう契約かなと思います。

 

ファンが支援出来る金額は100円〜

月額100円プラン

月額300円プラン

月額1000円プランなど

クリエイター側で好きな金額のプランいくつか用意出来ます。

 

恐らく金額の上限は無いのですが、

現実的なのは1万円くらいまでかと思われます。

 

ネタで10万円プランとか作ってみたら、

熱烈なファンが支援してくれるかも知れませんので、

やってみる価値はあります(笑)

 

月額500円を支援してくれる人が500人でもいれば、月25万円。

サービス手数料で10%引かれるのですが、それでも月22万5千円。

フリーターとして頑張って働くのより多いんじゃないでしょうか。

 

継続的に支援してくれる人を500人集めるのって、

結構ハードル高い気はしますが、

仮にあなたがYouTubeの登録者か

Twitterのフォロワーを1万人持つ人であれば、それの5%ですからね。

 

全然可能な数字だと思います。

 

1万人もフォロワーいねえよ!

という方はごめんなさい(笑)

 

そういう方は、

自分の作っている音楽のジャンルとかを1つに突き詰めたり、

世界観を統一すると、固定ファンが増えやすいです。

 

例えば、YouTubeのチャンネルで料理をメインにやっている人が、

いきなりパチンコの動画とか上げ始めたら、

ほとんどの人が興味なくて見ないですよね?

 

そういう感じで、自分の創る物を統一していくと、

その世界観が好きなファンがちゃんと付いてきてくれます。
それじゃあ、

めっちゃ頑張って、

仮に40人のファンが月に500円支援してくれたとしましょう。

(大体高校の1クラス分ですかね)

40×500=20000

手数料を引いて月に18000円。

 

少ないと思うかも知れませんが、

これをメジャーアーティストに楽曲提供して、

同じ金額の印税貰おうと思ったらどれだけ大変か考えてみてください。

 

CD1枚1000円だとしましょう。

 

作家に入る印税は1〜3%

多く見積もって3%で計算しましょう。

 

1枚売れたら30円です。

18000÷30=600

600枚も売らなきゃいけないんです。

 

まあメジャーアーティストならもうちょっと売れると思いますが、

 

その600枚を売るには、

頑張ってコンペで採用を勝ち取って、

自分の曲に仮歌を入れてもらってなどの

時間と労力とお金がかかってますからね。

 

もし採用されなければ仮歌代でむしろマイナスですからね。

 
精神衛生上フリーでやった方が楽ですし、

クリエイターなら如実に作品に影響が出ますからね。

支援をいただけるならもらわない手はないです。

 

限定コンテンツの配信

 

もちろん、支援をいただく代わりに、

クリエイターもファンに還元しないとWin-Winにはなりません。

 

よくあるのが、

 

自分が公開した音源のデモを公開したり、

 

曲の世界観を表現したイラストや、漫画、小説を載せたり、

 

未公開音源を載せたり、

 

メイキング映像を載せたり、

 

ライブをしたなら、

そのライブの写真とか。

 

プライベートの自分が分かるような物を載せたりするとか、

 

色々あります。

 

少しマニアックになると

曲の作り方の解説や、

Stemを配信したり、

シンセのプリセットを配布したりなどがありますね。

 

ファンに還元されるコンテンツが充実していると、

もっと支援してくれるファンが増えると思います。

 

可能であれば、

ファン限定で見れる生配信とか、

ライブで優先席を設けるとか、

グッズやCDの先行販売とか、

ファン限定オリジナルグッズとか作って渡せれば、

個人で出来るファンクラブみたいな感じでいいですよね。

 

余談

 

Pixiv FANBOXが云々とか全然関係ない話なんですが、

 

フリーのクリエイターが生きていくには、

万人ウケするものを創るよりも、

日本全国で1000人にしか突き刺さらないようなものを、

作っていった方がいいんじゃないかな、とは思います。

 

CDでもデジタルコンテンツにしろ、

 

メジャーで、

CDを売ってもクリエイターに入る印税なんで1〜3%程度なので、

AKBや乃木坂、欅坂クラスのアイドルに歌ってもらえないのと、

ゆとりのある生活は望めないです。

 

だったら個人販売でも、

2000円くらいで1000人に買ってもらえるような物を創れば、

200万円の収入が入ります。

 

メジャーで200万円の印税って相当難しいのは、

先程説明したので分かるはずです。

 

もちろん200万円で生活するのは厳しいですが、

 

『あなたの作品を見たいけど、

生活が出来ない理由で創作活動を辞めてほしくない!』

っていう人が多ければ、

月に500円でもそのファンは払ってくれるはずです。

 

そういう限定的な、熱烈なファンが大体1000人いれば、

500×1000=

月50万円は入ります。

 

1000人って言っても、

日本全国で1億2000万人いますからね。

10代から30代に限定しても約2000万人。

2万分の1です。

難しいことじゃないです。

なんなら1万人くらいの規模も狙えるんじゃないですかね。

 

 

まとめ

結構話が逸れてしまいました笑笑

 

もちろん支援してくれるファンがいないと成り立たないサービスですが、

あなたが創作活動を続けているのであれば、

一定数のファンは確実にいます。

 

やらないよりやる方が絶対良いです。

(お金は支援額の10%が引かれるだけなのでマイナスにはなりません)

 

書いてたら全然まとまらなくて

色々な話をしてしまいましたが、

今度また分かりやすくまとめたいなと思います。

アーティスト戦略カテゴリの最新記事