高い吸音材と安い吸音材の効果って何がどう違うの?【比較】

高い吸音材と安い吸音材の効果って何がどう違うの?【比較】

以前部屋のクローゼットを防音室に改造する時に、大量に安価の吸音材を購入しました。


その時色んな吸音材の相場を知ったんですけど、高級なやつだと、1枚あたりの値段が10〜20倍くらい違うんですよね。


たかが吸音材にそんなお金かけられないと思って、その時は安価な吸音材を大量に買ったのですが、実際に高い吸音材と安い吸音材がどれくらいの違いがあるのか比較してみました。


高い吸音材VS安い吸音材

申し訳ないんですけど、実際に僕が買った訳ではないので、こちらの動画をご覧ください!!



海外の人の動画なんですけど、このCHEAPって書いてある吸音材、そのまんま同じやつ自分は買いましたね(笑)


実験の内容としては、広い部屋に吸音材を一定間隔に貼り付けて、部屋の鳴りがどう聞こえるか、と言った内容です。


前半は吸音材の説明が、英語でひたすらされていてよく分からないのですが、大事なのは後半の部分ですね。


手を叩いたり、舌を鳴らしたりして部屋の鳴りを比較しています。

イヤホンで聞かないと分かりにくいかと思いますが、響き方が全然違いますね。


(11:02~)の部分を見てもらうとめっちゃ分かりやすいんですけど、高い吸音材を貼った時の反響が全くなくなってて、最初見た時笑っちゃいました(笑)


しかも、僕は詳しく知らなかったんですけど、壁に吸音材敷き詰めなくても効果めっちゃあるんですね……(笑)


たかがスポンジ……と舐めていたのですが、これだけ吸音材で効果が違うと導入を考えてしまいますね。


家でMIXする人や、レコーディングする人は如実にクオリティー上がると思いますよ!

(動画で同じ吸音材が見つからなかった…。山型じゃないのにすごい吸音効果だな)


それに、宅録の最大の敵は部屋鳴りですからね!!

ボーカル撮りの時だけ部屋鳴りを抑えたい、という人にはリフレクションフィルターをオススメします。

created by Rinker
sE ELECTRONICS
¥9,333 (2020/07/14 17:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

僕はマイク部分だけ覆ってくる簡単リフレクションフィルター、EYEBALLを使用しています。


マイクの周りだけ覆うことで反響を大きく抑えられておすすめですよ!


まとめ

安い吸音材と高い吸音材、今までたかがスポンジだと思っていましたが、ここまで顕著に効果の違いが出るとは思いませんでした。


しかも、壁の一部に貼るだけでも効果出そうなので、そこまで大きな出費にはならなそうですね!


自分も近々これをきっかけに、良い吸音材を導入しようかと思います!

DTM/機材カテゴリの最新記事